ご挨拶

川戸先生

はじめまして アトリエKAWADOを主宰します 川戸美佐子です。

 

今、関東圏内の子ども達、青年達に求められるものは多いと思います。昨年我が国日本が東日本大震災の大惨事を受けてから、改めて私は思います。次世代に受け継ぐものは、心の強さ、大きさ、思慮の深さ、人間関係の尊さです。

 

視野も広い事が問われます。私自身が世界中20ヶ国に持つネットワークの中から、我が国日本を見る事は非常に大切と思います。アトリエの中では子ども達、青年達にも自然にそれが伝承されています。

 

アトリエ開設36年の中で思いますのは、絵を描く事は心を落ち着かせ、集中させ、自分の感受性を高めながら描写して行きます。その訓練が成されると、日常にも勉学にも集中度が高まる、心の安定が得られます。

 

上手なテクニックの絵ではありません。芸術とは心の深さ、美しさが根底にあるもの、と私は考えます。その子その人の心の中にあるものが絵には表現されます。言葉よりも見事です。長いアトリエの仕事の中で、私は絵からその心のあり様を見る事が出来ます。随時適切なアドバイスを申しています。

 

今回ホームページを立ち上げるに当たり、皆様の中にこの価値意識に響かれる方がいらして、繋がるきっかけが出来ましたら、嬉しいことです。

外国の方々との心の交流は、子ども達にも良い影響を与え、人々は同じような心を持っている、感じられる人間になります。